• ファイバーレーザ
  • 工程統合
高速パンチ・ファイバーレーザ複合マシン

ベストセラー複合マシン“EML”に
従来のCO₂発振器比、「コスト2分の1」「生産性2倍」を実現するファイバーレーザ発振器を搭載!!
働き方改革・人材不足に対応した多くの自動運転
機能を搭載し、生産と利益の拡大を実現する、
Next Global Standardマシンです。

待望のEMLにファイバーレーザ発振器を搭載‼
高速パンチ加工と力強い成形加工を実現する
ファイバーレーザ複合マシンEML-AJ

お客さまのスタンダードをその一歩先へ!

特長

 

 

ファイバーレーザによる
高生産性・低ランニングコスト

  • ファイバーレーザによる高速・低コスト加工
    ファイバーレーザ発振器(3kW)搭載により、CO₂に比べ窒素を使用した無酸化切断による薄板加工領域での、高速加工・ランニングコストの低減が可能
  •  

     

  • 安全性と作業性の両立
    テーブルキャビンとシャッターでレーザ光の漏れを防ぎます。省スペースとオペレーターの安全性を両立します。
  •  

     

     

  • 高反射材の加工
    CO₂レーザでは加工が難しかった高反射材(アルミ、銅、真鍮)が加工可能です。

 

高速・高品位パンチ加工

  • 更なる高速パンチ加工の実現
    ACサーボダイレクトツインドライブに新機能を追加し、最大パンチヒットレートが従来のEML-NT(CO₂)400min-1から1.25倍の500min-1に向上します。

    ※1/2”、1・1/4”の場合
    ※25.4mmピッチ
  • P&F(オプション)による高ハイト上向き成形・裏キズ低減
    パンチで板押さえをして、成形ダイのチップのみを上昇させることごで、歪みのない高ハイト・高品質な成形加工を実現します。
    上向き成形ダイが標準ダイと同じパスラインになり裏キズ・腰折れを低減します。
  • MPTタップステーション
    タレット内タップステーションを設けることで、パンチ加工とタップ加工の範囲が共通となりプログラム時間・加工時間を短縮します。

    ※M2.5-M8まで対応可能
    ※切削・転造タップ対応可能

マシンを止めない金型自動交換装置(オプション)

  • 金型自動交換装置PDCにより金型自動交換が可能。
    レーザ加工中に金型交換を行うため、金型段取のためのマシン停止時間を最小限にし、稼働率の最大化が可能
  • パンチ220型・ダイ440型の金型を搭載し、変種変量生産に対応します。

機能

ノズルチェンジャー(オプション)

レーザ時間を見てノズルを自動交換することで安定したレーザ加工を実現

レーザスクラップ自動搬出(オプション)

重労働なスクラップ取り出し作業を自動化。オペレーターへの負担を軽減

カッティングプレート自動清掃
(オプション)

レーザ加工部付近のブラシプレートを自動で清掃。付着したドロスによる裏キズを低減

Vモニター(オプション)

マシン内カメラを搭載。スマートフォンやタブレットと連携することで、どこにいてもマシンの稼働状況を映像で確認可能

加工サンプル

高ハイト成形サンプル

材質 SECC
板厚 1.0mm
製品サイズ 270.3×209.4mm
加工時間 3分44秒
加工コスト 124.3円

ファイバーレーザ発振器搭載により、CO₂レーザでは融け落ちてしまうような細かな加工が可能に。

ファイバーレーザによる微細加工

高ハイト高品質なP&F成形加工

P&F上向きバーリング&MPTタップ

従来CO₂加工機比較(配電盤カバー)


材質 SECC
板厚 2.3mm
材料サイズ 1219×2438mm

ファイバーレーザ採用により、従来CO₂マシンと比べコスト
2分の1、生産性2倍

NCT機加工機比較(機械カバー)



材質 SECC
板厚 1.2mm
製品サイズ 1219×2438mm

標準付属の8st ノズルチェンジャー~ノズル収納個数を16個にアップし、様々な材質・板厚をスケジュールで加工することや長時間の人手による/ノズル交換作業をなくすことが可能です。

NCT単体機から複合マシンへ入れ替えなら、外形・複雑形状の加工をレーザに置き換えることで、加工時間・プログラム作成時間・金型段取り時間が減り、トータルリードタイムが短縮




ランニングコスト算出条件
電気代:20円/kWh
レーザガス:22,000円/7㎥
酸素:20,000円/132㎥
窒素:20,000円/107㎥
にて試算

金型消耗費、消耗品・保守部品はアマダ推奨交換周期を基に、ランニングコストの中に含む

自動化ソリューション

省スペース自動化モデル
12時間モデル

素材・製品・スケルトンを1棚に集約したコンパクトタイプです。
バラシ・仕分け作業まで行うため、1度の段取りでおおよそ一晩自動運転が可能です。

多種素材対応スタンダードモデル
16時間モデル

素材棚/製品・スケルトン棚の2棚仕様により、多種素材の搭載が可能です。
バラシ・仕分け作業まで行うため、1度の段取りで昼夜自動運転が可能です。

長時間・多種素材拡張モデル
24時間モデル

素材、製品、スケルトンの格納・搬送を行うMARS(自動倉庫)と接続することで、長時間の自動運転が可能です。
バラシ・仕分け作業まで行い、お客さまに合った棚段数・連数にカスタマイズすることで、長時間の稼働を実現します。

ブランク to ベンド
24時間モデル

素材、製品、スケルトンの格納・搬送を行うMARS(自動倉庫)と接続することで、長時間の自動運転が可能です。
バラシ・仕分け作業まで行い、複数のブランクマシンや曲げシステムとの接続が可能です。
お客さまに合った棚段数・連数にカスタマイズすることで、長時間の稼働を実現します。

仕様

マシン仕様

機種名 EML-2512AJ-PDC EML-2515AJ-PDC EML-2512AJ EML-2515AJ
型式名 EMLZ12AJP EMLZ15AJP EMLZ12AJ EMLZ15AJ
パンチ部
プレス能力 (kN)
300
駆動方式 ACサーボ・ダイレクトツインドライブ
タレット仕様 Zタレット
移動方式 パンチ加工時 X軸 / Y軸 材料移動
レーザ加工時 X軸 材料移動 Y軸 光移動
加工範囲
パンチ加工 
X × YP (mm)
2550 × 1270 3050 × 1525 2550 × 1270 3050 × 1525
レーザ加工 
X × YL (mm)
2550 × 1270 3050 × 1525
(つかみ換えあり)
2550 × 1270 3050 × 1525
(つかみ換えあり)
複合加工 
X × Y (mm)
2550 × 1270 3050 × 1525
(つかみ換えあり)
2550 × 1270 3050 × 1525
(つかみ換えあり)
早送り速度 
X / YP / YL / Z (m/min)
100 / 80 / 100 / 80
加工精度 (mm)
±0.07(弊社打ち抜きパターン)
最大ワーク質量 (kg)
75 (F1)/150 (F4) 75 (F1)/150 (F4)/220 (FA+F4) 75 (F1)/150 (F4) 75 (F1)/150 (F4)/220 (FA+F4)
ワークシューターサイズ X × Y (mm)
400 × 1270 400 × 1525 400 × 1270 400 × 1525
PDC金型運用数 220ステーション
最大パンチ頻度(X軸) (min-1)
500(25.4mmピッチ/5mmストローク)
最大パンチ頻度(Y軸) (min-1)
340(25.4mmピッチ/5mmストローク)
マシン質量 (kg)
27500 29000 24000 25500
受電容量(マシン本体+集塵機) (kVA)
44 36

発振器仕様

機種名 AJ-3000
発振方式 LD励起ファイバーレーザ
出力ビーム波長 (μm)
1.08
レーザ定格出力 (W)
3000
最大パルスピーク出力 (W)
3000
質量 (kg)
約400
受電容量 (kVA)
10.4
対応チラー受電容量 (kVA)
9.0

タレットレイアウト

金型サイズ Zタレット
53ST2AI-4MPT
A ½” 30(30)
B 1¼” 10(10)
C 2” 3(3)
D 3½” 2(2)
E 4½” 2(2)
B(TAP) 1¼”(タップ) 4(4)
G 1¼”(AI) 2(2)
合計 53

*()内の数字は、各型式の内のシェープ型セット可能ステーションを示します。

PDCレイアウト

PDC 金型サイズ 本数
上段 ½” 120(120)
1¼” 60(60)
下段 1¼” 20(20)
2” 12(12)
3½” 合計8(8)
4½”
合計 220

*本仕様ならびに寸法等は、改良等のため予告なく変更することがあります。

ソフトウエア

VPSS 3i BLANK

アセンブリー単位の割り付けや加工検証を行い、生産性を維持した連続安定加工を可能にするブランクCAMソフトウエアです。データ作成時間を短縮し、パンチ・レーザ複合マシンの生産性と稼働率を最大限に向上させます。

詳細はこちら

金型

ID金型システムで
工場内の金型情報が見える化

金型にIDが刻印されており、金型1本1本をデジタル管理。マシン、金型研磨機とつなげば、工場内の金型の所在、研磨時期の一括管理が可能です。パンチング加工の品質が安定し、金型段取りをよりスムーズかつ確実に行えます。ID金型+金型自動交換装置付きマシンで、金型段取りミス0を実現。

詳細はこちら

ローラー金型で高速成形加工
(ARFTオフセット)

様々な製品への活用が可能

詳細はこちら

ローラー金型で高速成形加工
(ARFTビーディング)

様々な製品への活用が可能

詳細はこちら

稼働の見える化

アマダのIoT V-factory

V-factoryはloTを活用して、工場の”今”の課題を見える化し、付加価値の高い生産を実現していく仕組みです。 お客さま工場の経営者からオペレーターまで、生産にかかわるすべての社員がお客さま専用WEBアプリ「My V-factory」を介して同じ情報を共有し、活用して、今の課題を素早く解決します。

IoTと人で行うエンジニアリングサービス

導入前からマシンが使命を全うするまで、人・マシン・情報を駆使し、マシンの機能を最大限に発揮するために最適な運用をご提案いたします。

IoTサポートは、IoTを活用し、お客さまのマシンを遠隔で素早くサポートします。

サービスエンジニアがお客さまのもとへお伺いし、サービスを行います。

導入事例

株式会社上陽 様

意味がある設備投資と若い人への教育

デジタルカタログ

EML-AJカタログ

カタログ請求

マシンラインナップカタログ

カタログ請求

パンチング金型カタログ

カタログ請求

関連コラム

関連商品